年収が減っても買い物を辞められなかった私

年収が減っても買い物を辞められなかった私

私が社会人になり初めて就職した会社は、就業時間が長く残業もあり休日出勤も多かったのですがそれなりに給料も賞与もよかったです。

 

 

でもそのハードな勤務とストレスで体調を壊したため、給料よりももう少し就業時間の短い会社に再就職しました。

 

 

小さい会社で、仕事内容も就業時間も以前の会社に比べれば楽になりましたが給料は以前よりグッと減ってしまいました。

 

 

それも承知で再就職したはずなのに、以前の半額より少ない賞与、年収で100万も違ってくるとさすがに生活が苦しくなってしまいました。

 

 

 

前の会社にいる時は買い物が唯一のストレス発散、クレジットカードで来月の給料分やボーナス支払いで買い物をしていました。

 

 

再就職後も給料が減ったのにその事もストレスとなり、前以上にカードで買い物をしてしまい、毎月赤字で自分の積立貯金を崩して支払いをしていました。

 

 

 

毎月支払いギリギリでこんな生活辞めなければと思いながらも、貯金を切り崩し底をつくまで買い物が辞められず、ついには借金までして買い物をするようになってしまいました。

 

 

 

やばいと思った頃には借金は100万を超えていて、毎月利息だけを返すようになっていました。すでに支払いでいっぱいいっぱいなので、他のことにお金を使えません。

 

 

 

友人は海外旅行や留学、もっと有意義にお金を使っているのに比べて私は洋服や化粧品などしょうもない物にお金を使い、買ったものもろくに使わずに本当に無駄なお金ばかり使っていました。

 

 

 

そんな自分に嫌気がさし、生活を改めようと決心しもう少し給料や賞与を貰える会社に再就職しました。

 

 

 

それから数年は借金返済を優先にし、買い物は必要な物だけを買いカードも極力使わない生活をしました。

 

 

 

惨めでしたが自分の蒔いた種は自分でどうにかするしかありません。そんな生活をし返済が終わってからは貯金をし数年後には貯めたお金で夢だった留学もしました。

 

 

 

もっと早くに気付いてこんな体験をしておくべきだったと改めて思いました。