借り入れ中は収入源を増やす!借金返済は割と気楽に!

借り入れ中は収入源を増やす!借金返済は割と気楽に!

駆け出しウェブライターとして私は、まだ数ヶ月。

 

 

今は「ランサーズ」でひたすらタスク案件ばかりこなしています。

 

銀行から借り入れをする、消費者金融から借りた場合には普段の時よりもお金への注意力が必要となっています。

 

 

今まで普通の会社で働いてきて、まさかネットでたまたまみつけた「クラウドソーシング」という、
新しい働き方に自分がいきなり始めることになるなんて、夢にも思いませんでした。

 

 

 

そしてなんだかんだ、安い案件をひたすらチマチマとこなしていって、
多少なりとも「自分にもできるんだ!」という、一応の自信みたいなものを、

 

 

うす〜〜く感じている今日このごろ。

 

勿論、もっと自信をもっていたいのですが、できる(書ける)仕事とできない仕事があり、
出来る案件ばかりだとうれしいのですが、やはりそうはいきませんよね。

 

せっかく気合い入れて画面睨んでも、書けない、あるいは調べるのに時間がかかる記事ばかりだと、
途端に「やっぱり自分はだめなんだorz」と、消沈してしまうのです。

 

それをできるだけ防ぐために、私がランサーズでしていることは、
書ける(私にも書けそうな)ジャンルのページを、あらかじめブックマークしておくことです。

 

ランサーズには一応、ジャンルをキーワードで登録できる機能はありますが、
あれって20文字までしか登録できませんよね。

 

便利ですし、決まった時間に新規の案件がメールで送られてきたりしていいんですが、
実は私、あのメールで来た案件を殆どやったことがありません。

 

というのは、人気のあるものはすぐ誰かが作業を始めてしまうからです。

 

そこで私は、ランサーズの上にある「仕事をさがす」をクリックして、左にある検索窓に、
今まで自分が書けたジャンルのキーワードを一文字ずつ入れて、
その結果をブックマークにしています。

 

ブックマークしたあと、ちゃんと検索したジャンルの名前に変更しておきましょう。
こうすると、仕事を探す手間がすごく楽になっていいですよ!

 

ぜひ試してみてくださいね。

 

 

 

どうして人は借金をして自分で首を絞める事をしてしまうのだろうか?

 

 

一つの大きな理由に日本が持つ権力的な力には一生勝てない仕組みがあるのかもしれない。

 

 

一つ目はパチンコだ。あくまでもギャンブルではなく、遊技であるという認識力がある。とある情報によれば権力者にお金が渡っているので、
利権をそう手放す必要はないのだ。つまりダメな方法もお金さえ払えばなんとかなる法律作りがありてしまうという事でもある。

 

 

 

 

パチンコのwiki

 

 

競馬はどうだろうか?私が考えるに競馬も同じような事が起きている。かける金額の上限は基本的にはないし、

 

 

JRAが常に利益を出し続ける業界でもある。競馬ブームとはいわばギャンブルブームでもあるのだ。

 

 

稼いだお金をお金で増やす方法で成功している人よりも、ビジネスで成功をしている人の方が確実に多い事に早い段階で気が付くべきだ。

 

競馬の情報

 

 

借金返済の解決策を考えているなら、正しい知識を身に着けて、行動をしていくしかない。

 

収入を増やす方法はいくつかあるが、理想的な方法としてはトレンドに乗りながら利益を早めに計上していく方法。

 

 

もう一つはゆっくりと利益&仕組を作っていく方法だ。社員を入れて会社を持つと必然的に難しいハードルが必ず目の前にやってくる。

 

 

 

 

どうすれば成功をするのか?借金返済の仕事人のサイトではおおまかに返済の流れから収入を増やす為のポイントも記載されているので安心だ。

 

 

 

20代半ばの金欠状態の話

 

 

20代半ばの時に、以前勤めていた仕事を辞めて新しい事をしたいという気持ちがあったので、少し将来について考える時期があったのです。

 

 

お金が返せない

 

 

借金返済の中で自分が何を返済したらいいのか?カードローンのCMを見るだけで精神がすり減ります。

 

ただ、仕事を辞めて考える事にしたので、その間は収入がなかった状態ですから途中で少しお金の面で不安になり始めたのです。

 

 

そこで、とりあえず収入を確保するためにどこかで働こうと考えて、求人にいくつか応募しましたけど、運悪く不採用が続いてしまったのでどんどん金欠状態になってきたのです。

 

 

おかげで、食事や自分の趣味などで使うお金を制限する必要があり、自分の好きな事ができない状態でしたのでかなりお金の面を中心に苦労した感じです。

 

 

 

多少貯金はありましたけど、早くどこかで働く事ができないと貯金も底をつく可能性がありましたから、今まで以上に必死になって求人探しをしたのです。あせりしかなかったですからストレスもたまりましたし、おいしいご飯も食べれなかったですから肉体的にも精神的にも疲れた感じです。

 

 

しかし、お金を借りる事自体はしたくなかったですから、誰にもお金を借りずに乗り切る覚悟を決めて生活していったのです。

 

 

なんとか、お金がなくなる前に新しい職を見つける事ができて、無事に乗り越える事ができましたけど、今思うと想像以上につらかったですから今後このような事がないように、無収入状態だけは避けるようにしたいです。

 

 

 

仕事を辞めるにしても、次の仕事が決まってから正式に辞める必要がありますし、お金がない生活というのはかなり負担が大きいですからお金に苦労しないように貯金もしっかりとしていきたいです。

 

 

 

 

金欠になると、どうしても判断力が鈍くなったり、お金に対して神経質になってきますからお金の余裕は大事になってきます。

 

 

 

貯金をしながら、プライベートを楽しむ方法は結構難しい。なぜならどちらも現金が必要になるからだ。

 

 

私が思うにまずは無駄な出費を減らしていく方法が理想的でもある。社長さんでもお金を稼いでも無駄使いばっかりをしていると手元から現金が離れていく。

 

 

特に成金とか急激にお金を持った人は意味のない事にお金を使ったり、無駄使いが非常に多いのだ。夜の世界にハマれば100万円単位は一瞬で消えてしまう。